全国こども
チャレンジカップ
第4回全国大会
開催要項
 

 


 





2006年度に開催を予定しております全国こどもチャレンジカップの日程です。詳細につきましては下記[2006 全国こどもチャレンジカップ 詳細]をご覧下さい。また、大会に関するご質問は、全国こどもチャレンジカップ運営事務局までTELまたはEメールにてお問い合せ下さい。
MWM/日本こどもフィットネス協会 全国こどもチャレンジカップ運営事務局
TEL : 03-5483-6224 FAX : 03-5483-6235





●全国こどもチャレンジカップ 東京大会
主催:MWM/日本こどもフィットネス協会
日時:2006年8月10日(土) 11:00〜18:30(予定)
会場:とどろきアリーナ(サブアリーナ)
締め切り:2006年7月2日(日)お申し込み多数の場合、締切前に募集を打ち切る場合が ございますのでご了承ください。

エントリー終了


■大会会場のご案内
【電車】
1.JR南武線・東急東横線武蔵小杉駅より徒歩25分またはバス7分
2.JR南武線武蔵中原駅より徒歩15分

【バス 武蔵小杉駅より】
市営バス1番乗り場より
1.市民ミュージアム行き「春日神社」下車1分
2.中原駅行き(市民ミュージアム経由)「春日神社」下車1分
3.溝口駅・第三京浜入口行き「春日神社」下車1分
4.溝口駅行き(宮内経由)「等々力グランド入口」下車3分

東急バス2番乗り場より
1.溝口駅行き(宮内経由)「等々力グランド入口」下車徒歩3分

■競技部門
○ チャレンジサーキット(個人の部)
年齢区分
リトル部門2〜6歳(大会当日の満年齢)
ジュニア部門7〜11歳(大会当日の満年齢)
ユース部門11〜17歳(大会当日の満年齢)
*11歳はジュニアまたはユース部門いずれか一方を選択してください。
但し、申込選手数などにより大会運営本部が部門を決定させて頂く場合もございます。
参加費
1人につき/\3,150(税込)
表彰
 総合優勝及び総合準優勝
リトル・ジュニア・ユース各部門 エアロビクス 各1位〜7位
リトル・ジュニア・ユース各部門 ヒップホップ 各1位〜7位
(上記入賞者は2008年春開催予定の全国大会への出場権が得られます。

○ チャレンジパフォーマンス (グループの部)
グループ構成
3名以上15名以内
カテゴリー
1.アクティビティ(フリースタイルのフィット&ダンス)
2.エアロビクス
3.ヒップホップ
楽曲
1.アクティビティ:2分以内
2.エアロビクス:1分15秒(±5秒)〜1分45秒(±5秒)
3.ヒップホップ:2分以内
規定時間を厳守下さい。規定時間外の場合、大幅な減点となります。ご注意ください。
参加費
1人・1グループにつき/\1,050(税込)
表彰
各カテゴリー1〜3位
(上記入賞者は2008年春開催予定の全国大会への出場権が得られます。

■参加申込方法
1.参加申込書を入手してください。(お手元にない場合は、事務局にお電話頂きFAXにてお受取下さい。)
お手数ですが、人数分コピーをしてお使い下さい。
2.参加申込書に必要事項を記入・捺印下さい。(チャレンジパフォーマンス申込書は代表者が1グループにつき1枚ご記入下さい。)
3.各申込書を代表者がまとめ、代表者エントリーまとめ表とともにFAXにて事務局までお送り下さい。
5月1日AM10:00より受付開始いたします。
FAXのみの受付となります。お電話では申込み致しておりません。ご注意ください。
4.事務局にて確認後、エントリー確定のご連絡を代表者にいたします。
5.事務局からのエントリー確認連絡後、参加費を代表者がまとめてお振込み下さい。
振込先: 三井住友銀行 田園調布支店 (普)1412391 日本こどもフィットネス協会 

■競技ルール・審査項目
チャレンジサーキット(個人の部)予選
 
種目
時間
説明事項・審査項目など
リトル
ジュニア・ユース
1.
アクティビティ
10分
10分
ウォーミングアップとしてシンプルな8ビートのムーブメントを行います。審査項目は”元気”と”笑顔”。全身のリンバリングです。
2.
エアロビクス
10分
15分
ローインパクトやハイインパクトを組み合わせた動きを行います。身体いっぱい使っているか、正しいアライメントができているかを審査します。ニーアップ、ジャンピングジャック、ハイキックなどのエアロビクスベーシックステップを行います。プッシュアップ、スプリット、バランスなどのエレメント動作が含まれます。
 
休憩
5分
5分
水分補給と着替え。ヒップホップの準備をして下さい。Tシャツなどを上から着る場合はゼッケンをTシャツに付け直して下さい。
3.
ヒップホップ
10分
15分
簡単なコリオグラフィー。ダウンとアップの動き。決勝では”踊りこんだ”感じで踊って下さい。4×8カウント程度のルーティンを行います。8カウントの自己アピールコリオグラフィーを行っていただきます。
*予選の終了後、続けて決勝を行います。決勝はエアロビクスとヒップホップのみで行います。

チャレンジサーキット(個人の部)決勝
 
種目
時間
説明事項・審査項目など
リトル
ジュニア・ユース
1.
エアロビクス
5分
8分
予選のルーティンがベースです。パフォーマンススキルを総合的に審査します。
 
休憩
5分
5分
 
2.
アクティビティ
5分
8分
予選のルーティンがベースです。パフォーマンススキルを総合的に審査します。

チャレンジパフォーマンス(グループの部)
カテゴリ
時間
審査項目など
エアロビクス
1分15秒
(±5秒)

1分45秒
(±5秒)
必須動作
エアロビクスベーシックステップマーチ・ジョギング・JJ・ニーリフト(ニーアップ)・ランジ・スキップ(フロント&サイドキック)・ハイキック・バックキック(レッグカール)

エレメント動作
エレメントを各グループから必ず1つ行うこと。(下記参照)
床エレメントは最大5個までとする。床エレメントには、床への着地動作も含まれます。プッシュアップランディング及びスプリットランディングは最大2個までとする。

≪グループA≫ ダイナミック・ストレングス (プッシュアップ)
≪グループB≫ スタティック・ストレングス(2秒間静止) (サポート)
≪グループC≫ ジャンプ&リープ (ジャンプ)
≪グループD≫ バランス&フレキシビリティー(2秒間静止) (バランス)

禁止動作・・・・・・ アクロバティック的な危険な動作及び前転・後転・側転・宙返りなど。
ヒップホップ
2分以内
リズムコーディネーョン、フォーメーション、カルチャー、ウェア、パフォーマンス&パッション、一致性、テクニカル・スキル、パワー
アクティビティ
2分以内
1. 表現 2. 音楽にあっているか 3. フォーメーション 4. オリジナリティ 5. パフォーマンス 6. 一致性 7. テクニカル・スキル 8. パワー
*各部門とも演技スペースは10m×10mの予定です。(センターにマーキングがあります)演技スペースを越えても減点になりません。パフォーマンス演技を行う際の目安とお考え下さい。

■お願い及びご注意事項
●参加者の肖像権は主催者に帰属いたします。
●当日のケガについては救護スタッフが応急処置は致しますが、その後の責任は負いかねます。
●荷物の紛失・盗難については一切の責任を負いかねます。
●ビデオ・カメラの撮影は所定のエリア内からのみとさせて頂きます。
三脚・一脚のご使用安全上の理由から観客席を含む会場内全てのエリアで禁止させて頂きます。
また審査の妨げとなりますので所定のエリアを越えての撮影はくれぐれもご遠慮頂きますようお願い
いたします。カメラについてはフラッシュの利用はご遠慮下さい。



※申込書をダウンロードの上、必要事項をご記入後 MWM/日本こどもフィットネス協会 全国こどもチャレンジカップ事務局宛にFAXして下さい。FAX:03-5483-6235


主催:MWM/日本こどもフィットネス協会
日時:2006年7月1日(土) 11:00〜18:00(予定)
会場:とどろきアリーナ
締め切り:2006年6月2日(金)

■大会会場のご案内
【電車】
1.JR南武線・東急東横線武蔵小杉駅より徒歩25分またはバス7分
2.JR南武線武蔵中原駅より徒歩15分

【バス 武蔵小杉駅より】
市営バス1番乗り場より
1.市民ミュージアム行き「春日神社」下車1分
2.中原駅行き(市民ミュージアム経由)「春日神社」下車1分
3.溝口駅・第三京浜入口行き「春日神社」下車1分
4.溝口駅行き(宮内経由)「等々力グランド入口」下車3分

東急バス2番乗り場より
1.溝口駅行き(宮内経由)「等々力グランド入口」下車徒歩3分

■出場資格
2004年7月22日〜2006年4月23日の間に行われた各地区大会における各部門の入賞者及び入賞チーム(但し、チャレンジパフォーマンス部門の特別賞は対象外となります。)
*代表指導者の皆様には、入賞者及び入賞チームを別紙の通りご案内させていただきます。

■出場条件
○チャレンジサーキット部門(個人の部)での入賞者は、次の条件に沿って出場して下さい。

1. 入賞時の年齢区分で出場して下さい。(リトル部門での入賞者が現在ジュニア部門の年令に達していてもリトル部門での出場となります。但し、リトル・ジュニア両部門にて入賞された選手はジュニア部門に出場して下さい。)
※チャレンジサーキット部門への出場は、各地区大会のチャレンジサーキット部門入賞者に限ります。チャレンジパフォーンス部門のみの入賞者はチャレンジサーキット部門には出場できません。

○チャレンジパフォーマンス部門(グループの部)での入賞チームは、次の条件に沿って出場して下さい。
1.
2.
3.
4.
入賞カテゴリーを変更できません。
チーム名は変更できません。
入賞時のメンバーが最低1名は出場して下さい。グループ構成人数は3名15名です。
上述1〜3の条件を遵守した上で、メンバー変更及び選手の増減、エントリー曲の変更ができます。

■競技部門
チャレンジサーキット(個人の部)

年齢区分
リトル部門2〜6歳(地区大会時の年齢)
ジュニア部門7〜15歳(地区大会時の年齢)
参加費
1人につき/5,250円(税込)
表彰
総合優勝及び総合準優勝
リトル・ジュニア エアロビクス 各1〜7位及びリトル・ジュニア ヒップホップ  各1〜7位

チャレンジパフォーマンス (グループの部)
グループ構成
3名以上15名以内
カテゴリー
1.アクティビティ(フリースタイルのフィット&ダンス)
2.エアロビクス
3. ヒップホップ
楽曲
1.アクティビティ:2分以内
2.エアロビクス:1分15秒(±5秒)〜1分45秒(±5秒)
3.ヒップホップ:2分以内
規定時間を厳守下さい。規定時間外の場合、大幅な減点となります。ご注意ください。
参加費
1人・1グループにつき/5,250円(税込)
*2グループ以上出場する場合、2グループ目からは1グループ毎に¥2,100(税込)
表彰
各カテゴリー1〜3位

*参加費例:
チャレンジサーキットとチャレンジパフォーマンスに出場される選手の参加費は7,350円(5,250円+2,100円)となります。
チャレンジパフォーマンス1グループのみに出場される選手の参加費は、5,250円になります。
上述の通り、チャレンジパフォーマンスの2グループ目以降は2,100円を追加して下さい。

■参加申込方法
1. 参加申込書を入手してください。(お手元にない場合は、事務局にお電話頂きFAXにてお受取下さい。)お手数ですが、人数分コピーをしてお使い下さい。
2. 参加申込書に必要事項を記入・捺印下さい。
(チャレンジパフォーマンス申込書は代表者が1グループにつき1枚ご記入下さい。)
3. 各申込書を代表者がまとめ、代表者エントリーまとめ表とともにFAXにて事務局までお送り下さい。
4 月1日AM10:00より受付開始いたします。FAXのみの受付となります。お電話では申込み致しておりません。ご注意ください。
4. 事務局にて確認後、エントリー確定のご連絡を代表者にいたします。
5. 事務局からのエントリー確認連絡後、参加費を代表者がまとめてお振込み下さい。
振込先: 三井住友銀行 田園調布支店 (普)1412391 日本こどもフィットネス協会 

■競技ルール・審査項目
チャレンジサーキット(個人の部)予選

種目
時間
説明事項・審査項目など
リトル
ジュニア
1.
アクティビティ
10分
10分
ウォーミングアップとしてシンプルな8ビートのムーブメントを行います。審査項目は”元気”と”笑顔”。全身のリンバリングです。
2.
エアロビクス
10分
15分
ローインパクトやハイインパクトを組み合わせた動きを行います。身体いっぱい使っているか、正しいアライメントができているかを審査します。ニーアップ、ジャンピングジャック、ハイキックなどのエアロビクスベーシックステップを行います。プッシュアップ、スプリット、バランスなどのエレメント動作が含まれます。
休憩
5分
5分
水分補給と着替え。ヒップホップの準備をして下さい。Tシャツなどを上から着る場合はゼッケンをTシャツに付け直して下さい。
3.
ヒップホップ 
10分
15分
簡単なコリオグラフィー。ダウンとアップの動き。決勝では”踊りこんだ”感じで踊って下さい。4×8カウント程度のルーティンを行います。8カウントの自己アピールコリオグラフィーを行っていただきます。
*予選の終了後、続けて決勝を行います。決勝はエアロビクスとヒップホップのみで行います。

チャレンジサーキット(個人の部)決勝

種目
時間
説明事項・審査項目など
リトル
ジュニア
1.
アクティビティ
10分
10分
ウォーミングアップとしてシンプルな8ビートのムーブメントを行います。審査項目は”元気”と”笑顔”。全身のリンバリングです。
休憩
5分
5分
水分補給と着替え。ヒップホップの準備をして下さい。Tシャツなどを上から着る場合はゼッケンをTシャツに付け直して下さい。
2.
ヒップホップ
5分
8分
予選のルーティンがベースです。 パフォーマンススキルを総合的に審査します。

チャレンジパフォーマンス(グループの部)
カテゴリ
時間
審査項目など
エアロビクス
1分15秒
(±5秒)

1分45秒
(±5秒)
必須動作
エアロビクスベーシックステップ
マーチ・ジョギング・JJ・ニーリフト(ニーアップ)・ランジ・スキップ(フロント&
サイドキック)・ハイキック・バックキック(レッグカール)

エレメント動作
エレメントを各グループから必ず1つ行うこと。(下記参照)
床エレメントは最大5個までとする。床エレメントには、床への着地動作も 含まれます。
プッシュアップランディング及びスプリットランディングは最大2個までとする。
≪グループA≫ ダイナミック・ストレングス (プッシュアップ)
≪グループB≫ スタティック・ストレングス(2秒間静止) (サポート)
≪グループC≫ ジャンプ&リープ (ジャンプ)
≪グループD≫ バランス&フレキシビリティー(2秒間静止) (バランス)
禁止動作・・・・・・ アクロバティック的な危険な動作及び前転・後転・側転・ 宙返りなど。
ヒップホップ
2分以内
リズムコーディネーョン、フォーメーション、カルチャー、ウェア、パフォーマンス&パッション、一致性、テクニカル・スキル、パワー
アクティビティ
2分以内
1. 表現 2. 音楽にあっているか 3. フォーメーション 4. オリジナリティ 5. パフォーマンス 6. 一致性 7. テクニカル・スキル 8. パワー
*各部門とも演技スペースは10m×10mの予定です。(センターにマーキングがあります)
演技スペースを越えても減点になりません。パフォーマンス演技を行う際の目安とお考え下さい

■世界大会(アフラックチャリティカップ)日本代表選手選考会について
この全国大会において、リトル、ジュニア部門選手の中で総合優勝・総合準優勝・チャレンジサーキット エアロビクス部門1〜7位に入賞された選手のうち希望者は、当日表彰式終了後に行われる世界大会 日本代表選手選考会に出場できます。
(リトルの選手は2006年12月31日現在で7歳以上になる選手のみとさせていただきます)
選考会ではエアロビクスのシングル演技審査を行い、選考会1位の選手には世界大会への出場権が 与えられます。
(1位の選手が世界大会への出場権を放棄した場合には、順次2位以下の選手に出場権が移ります)

■お願い及びご注意事項
●参加者の肖像権は主催者に帰属いたします。
●当日のケガについては救護スタッフが応急処置は致しますが、その後の責任は負いかねます。
●荷物の紛失・盗難については一切の責任を負いかねます。
●ビデオ・カメラの撮影は所定のエリア内からのみとさせて頂きます。三脚・一脚のご使用安全上の理由から観客席を含む会場内全てのエリアで禁止させて頂きます。また審査の妨げとなりますので所定のエリアを越えての撮影はくれぐれもご遠慮頂きますようお願いいたします。カメラについてはフラッシュの利用はご遠慮下さい。


●全国こどもチャレンジカップ北関東大会

日時:2006年4月23日(土)
会場:ホテルメトロポリタン高崎





 


●全国こどもチャレンジカップ関西大会

主催:MWM/日本こどもフィットネス協会
日時:2006年1月28日(土) 11:00〜18:00(予定)
会場:なみはやドーム サブアリーナにて開催
住所:571-0015 大阪府門真市三ツ島308-1 
TEL:072-881-3715 
☆申込締切日・・・12月22日(木)

(サーキットのみ申込みできます。)※但し、申込者多数の場合には、締切日前に締切りをすることがございます。
【交通のご案内】
●地下鉄:長堀鶴見緑地線
「門真南駅」下車すぐ
●京阪電車、大阪モノレール:
「門真市駅」から京阪バスで
「門真南駅」下車すぐ 





●全国こどもチャレンジカップ南九州大会

【主催】 MWM/日本こどもフィットネス協会
☆申込締切日・・・11月13日(日)
※但し、申込者多数の場合には、締切日前に 締切りをすることがございます。

日時:2005年12月4日(日)11:00〜18:00(予定)
会場:サンアリーナせんだい メインアリーナにて開催
住所:鹿児島県川内市運動公園町3030 
TEL:0996−25−8282 

駐車場完備(駐車料金・無料)会場へは第1もしくは第2駐車場が便利です。

JR川内駅から公共バス「くるくるバス」(大人¥100、こども¥50)のご利用が便利です。
「総合運動公園」下車。川内駅から「西回り」で23分、「東回り」で28分ほどです。
川内駅からタクシーのご利用もできます。(駅前にタクシー乗り場あり)
鹿児島空港からは川内駅経由リムジンバスのご利用が便利です。(大人?1,500、こども¥750)。



●全国こどもチャレンジカップ愛知大会

【主催】 MWM/日本こどもフィットネス協会
日時:2005年11月27日(日)11:00〜18:00(予定)
会場:愛知県体育館にて開催
住所:名古屋市中区二の丸1-1
 
TEL:052-971-2516 



■競技部門

年齢区分
リトル部門 2〜6歳
ジュニア部門 7〜15歳
参加費
1人につき? 3,150円(税込)
表 彰
総合優勝・総合準優勝
リトル・ジュニア エアロビクス 各1〜7位
リトル・ジュニア ヒップホップ 各1〜7位
(上記入賞者は、2006年に開催される「全国こどもチャレンジカップ全国大会」への出場権が得られます。)


チャレンジパフォーマンス (グループの部)
参加資格
チャレンジサーキットにエントリーした2歳〜15歳
グループ構成
3名以上15名以内
カテゴリー
1. アクティビティ(フリースタイルのフィット&ダンス)
2. エアロビクス
3. ヒップホップ
楽 曲
1. アクティビティ: 2分以内
2. エアロビクス: 1分45秒 ±5秒以内
3.ヒップホップ: 2分以内
規定時間を厳守下さい。規定時間外の場合、大幅な減点となります。ご注意ください。
参加費
1人・1グループにつき? 1,050円(税込)
表 彰
各カテゴリー1〜3位 入賞
(上記入賞者は、2006年に開催される「全国こどもチャレンジカップ全国大会」への出場権が得られます。)


■参加申込方法
1. 参加申込書を入手してください。(お手元にない場合は、事務局にお電話頂きFAXにてお受取下さい。)
お手数ですが、人数分コピーをしてお使い下さい。
2. 参加申込書に必要事項を記入・捺印下さい。
(チャレンジパフォーマンス申込書は代表者が1グループにつき1枚ご記入下さい。)
3. 各申込書を代表者がまとめ、代表者エントリーまとめ表とともにFAXにて事務局までお送り下さい。
9月1日AM10:00より受付開始いたします。
FAX受付のみの受付となります。お電話では申込み致しておりません。ご注意ください。
4. 事務局にて確認後、エントリー確定のご連絡を代表者にいたします。
(1週間ほどかかります。)
5. 事務局からのエントリー確認連絡後、参加費を代表者がまとめてお振込み下さい。
振込先: ・三井住友銀行 田園調布支店 普通 1412391 日本こどもフィットネス協会
     ・郵便振替 10040-85612781 日本こどもフィットネス協会
※受付は先着順とさせて頂きます。
※定員になり次第締めきりとなります。予めご了承下さい。
※一度お振込み頂きましたエントリー費はいかなる場合もご返金できません。
予めご了承下さい。
[選手ならびに入場者の肖像権は主催者に帰属いたします]

■競技ルール・審査項目
チャレンジサーキット(個人の部)予選

種 目
時 間
説明事項・審査項目など
リトル
ジュニア
1. アクティビティ
10分
10分
ウォーミングアップとしてシンプルな8ビートのムーブメントを行います。審査項目は”元気”と”笑顔”。
全身のリンバリングです。
2. エアロビクス
10分
15分
ローインパクトやハイインパクトを組み合わせた動きを行います。身体いっぱい使っているか、正しいアライメントができているかを審査します。ニーアップ、ジャンピングジャック、バランス、ハイキックなども行います。
  休 憩
5分
5分
水分補給と着替え。
ヒップホップの準備をして下さい。Tシャツなどを上から着る場合はゼッケンをTシャツに付け直して下さい。
3. ヒップホップ
10分
15分
簡単なコリオグラフィー。ダウンとアップの動き。決勝では”踊りこんだ”感じで踊って下さい。4×8カウント程度のルーティンを行います。
※予選の終了後、続けて決勝を行います。決勝はエアロビクスとヒップホップのみで行います。


チャレンジサーキット(個人の部)決勝
種 目
時 間
説明事項・審査項目など
リトル
ジュニア
2. エアロビクス
5分
8分
予選のルーティンがベースです。パフォーマンススキルを総合的に審査します。
  休 憩
5分
5分
 
3. ヒップホップ
5分
8分
予選のルーティンがベースです。パフォーマンススキルを総合的に審査します。


チャレンジパフォーマンス(グループの部)
 
時 間
審査項目など
エアロビクス
1分45秒
(±5秒以内)
<技術点>
必須動作
1. ジャンピングジャックフレーズ
4回連続のJJで始まる4×8カウントのエレメントを含まないコンビネーション。
2. 4回連続のハイレッグキック
キック方向を最低1回は審査員に対し横向きで行う。
3. 4回連続のプッシュアップ
プッシュアップ方向を最低1回は審査員に対し横向きで行う。
エレメント動作
1. スタティックストレングス・バランス
片足が床から離れ、4秒以上または8カウント停止。
2. パワージャンプ
3. スタティックストレングス・サポート
4秒以上または8カウント停止。
<芸術点>
1. 表現  2. 音楽にあっているか  3. フォーメーション
4. オリジナリティ  5. パフォーマンス
※禁止動作
1. 空中からのスプリットランディング、プッシュアップランディング
2. フロアを使用して行う5つ以上の連続動作(4つまでは可)
ヒップホップ
2分以内
リズムコーディネーョン、フォーメーション、カルチャー、ウェア、パフォーマンス&パッション、一致性、テクニカル・スキル、パワー
アクティビティ
2分以内 1. 表現 2. 音楽にあっているか 3. フォーメーション 4. オリジナリティ 5. パフォーマンス 6. 一致性 7. テクニカル・スキル 8. パワー
※各部門とも演技スペースは10m×10mの予定です。
(センターにマーキングがあります)



■お願い及びご注意事項
参加者の肖像権は主催者に帰属いたします。
当日のケガについては救護スタッフが応急処置は致しますが、その後の責任は負いかねます。
荷物の紛失・盗難については一切の責任を負いかねます。
ビデオ・カメラの撮影は所定のエリア内からのみとさせて頂きます。三脚・一脚のご使用安全上の理由から観客席を含む会場内全てのエリアで禁止させて頂きます。また審査の妨げとなりますので所定のエリアを越えての撮影はくれぐれもご遠慮頂きますようお願いいたします。カメラについてはフラッシュの利用はご遠慮下さい。

●全国こどもチャレンジカップ北関東大会

日時:2006年4月23日(土)
会場:ホテルメトロポリタン高崎





 


●第3回 全国こどもチャレンジカップ全国大会

主催:MWM/日本こどもフィットネス協会
日時:2006年7月1日(土)
会場:とどろきアリーナ

※詳細は追って掲載致します。


●全国こどもチャレンジカップ関西大会

主催:MWM/日本こどもフィットネス協会
日時:2006年1月28日(土) 11:00〜18:00(予定)
会場:なみはやドーム サブアリーナにて開催
住所:571-0015 大阪府門真市三ツ島308-1 
TEL:072-881-3715 
☆申込締切日・・・12月22日(木)

(サーキットのみ申込みできます。)※但し、申込者多数の場合には、締切日前に締切りをすることがございます。
【交通のご案内】
●地下鉄:長堀鶴見緑地線
「門真南駅」下車すぐ
●京阪電車、大阪モノレール:
「門真市駅」から京阪バスで
「門真南駅」下車すぐ 





●全国こどもチャレンジカップ南九州大会

【主催】 MWM/日本こどもフィットネス協会
☆申込締切日・・・11月13日(日)
※但し、申込者多数の場合には、締切日前に 締切りをすることがございます。

日時:2005年12月4日(日)11:00〜18:00(予定)
会場:サンアリーナせんだい メインアリーナにて開催
住所:鹿児島県川内市運動公園町3030 
TEL:0996−25−8282 

駐車場完備(駐車料金・無料)会場へは第1もしくは第2駐車場が便利です。

JR川内駅から公共バス「くるくるバス」(大人¥100、こども¥50)のご利用が便利です。
「総合運動公園」下車。川内駅から「西回り」で23分、「東回り」で28分ほどです。
川内駅からタクシーのご利用もできます。(駅前にタクシー乗り場あり)
鹿児島空港からは川内駅経由リムジンバスのご利用が便利です。(大人?1,500、こども¥750)。



●全国こどもチャレンジカップ愛知大会

【主催】 MWM/日本こどもフィットネス協会
日時:2005年11月27日(日)11:00〜18:00(予定)
会場:愛知県体育館にて開催
住所:名古屋市中区二の丸1-1
 
TEL:052-971-2516 



■競技部門

年齢区分
リトル部門 2〜6歳
ジュニア部門 7〜15歳
参加費
1人につき? 3,150円(税込)
表 彰
総合優勝・総合準優勝
リトル・ジュニア エアロビクス 各1〜7位
リトル・ジュニア ヒップホップ 各1〜7位
(上記入賞者は、2006年に開催される「全国こどもチャレンジカップ全国大会」への出場権が得られます。)


チャレンジパフォーマンス (グループの部)
参加資格
チャレンジサーキットにエントリーした2歳〜15歳
グループ構成
3名以上15名以内
カテゴリー
1. アクティビティ(フリースタイルのフィット&ダンス)
2. エアロビクス
3. ヒップホップ
楽 曲
1. アクティビティ: 2分以内
2. エアロビクス: 1分45秒 ±5秒以内
3.ヒップホップ: 2分以内
規定時間を厳守下さい。規定時間外の場合、大幅な減点となります。ご注意ください。
参加費
1人・1グループにつき? 1,050円(税込)
表 彰
各カテゴリー1〜3位 入賞
(上記入賞者は、2006年に開催される「全国こどもチャレンジカップ全国大会」への出場権が得られます。)


■参加申込方法
1. 参加申込書を入手してください。(お手元にない場合は、事務局にお電話頂きFAXにてお受取下さい。)
お手数ですが、人数分コピーをしてお使い下さい。
2. 参加申込書に必要事項を記入・捺印下さい。
(チャレンジパフォーマンス申込書は代表者が1グループにつき1枚ご記入下さい。)
3. 各申込書を代表者がまとめ、代表者エントリーまとめ表とともにFAXにて事務局までお送り下さい。
9月1日AM10:00より受付開始いたします。
FAX受付のみの受付となります。お電話では申込み致しておりません。ご注意ください。
4. 事務局にて確認後、エントリー確定のご連絡を代表者にいたします。
(1週間ほどかかります。)
5. 事務局からのエントリー確認連絡後、参加費を代表者がまとめてお振込み下さい。
振込先: ・三井住友銀行 田園調布支店 普通 1412391 日本こどもフィットネス協会
     ・郵便振替 10040-85612781 日本こどもフィットネス協会
※受付は先着順とさせて頂きます。
※定員になり次第締めきりとなります。予めご了承下さい。
※一度お振込み頂きましたエントリー費はいかなる場合もご返金できません。
予めご了承下さい。
[選手ならびに入場者の肖像権は主催者に帰属いたします]

■こどもチャレンジカップ 競技ルール・審査項目(各大会共通)
チャレンジサーキット(個人の部)予選

種 目
時 間
説明事項・審査項目など
リトル
ジュニア
1. アクティビティ
10分
10分
ウォーミングアップとしてシンプルな8ビートのムーブメントを行います。審査項目は”元気”と”笑顔”。
全身のリンバリングです。
2. エアロビクス
10分
15分
ローインパクトやハイインパクトを組み合わせた動きを行います。身体いっぱい使っているか、正しいアライメントができているかを審査します。ニーアップ、ジャンピングジャック、バランス、ハイキックなども行います。
  休 憩
5分
5分
水分補給と着替え。
ヒップホップの準備をして下さい。Tシャツなどを上から着る場合はゼッケンをTシャツに付け直して下さい。
3. ヒップホップ
10分
15分
簡単なコリオグラフィー。ダウンとアップの動き。決勝では”踊りこんだ”感じで踊って下さい。4×8カウント程度のルーティンを行います。
※予選の終了後、続けて決勝を行います。決勝はエアロビクスとヒップホップのみで行います。


チャレンジサーキット(個人の部)決勝
種 目
時 間
説明事項・審査項目など
リトル
ジュニア
2. エアロビクス
5分
8分
予選のルーティンがベースです。パフォーマンススキルを総合的に審査します。
  休 憩
5分
5分
 
3. ヒップホップ
5分
8分
予選のルーティンがベースです。パフォーマンススキルを総合的に審査します。


チャレンジパフォーマンス(グループの部)
 
時 間
審査項目など
エアロビクス
1分45秒
(±5秒以内)
<技術点>
必須動作
1. ジャンピングジャックフレーズ
4回連続のJJで始まる4×8カウントのエレメントを含まないコンビネーション。
2. 4回連続のハイレッグキック
キック方向を最低1回は審査員に対し横向きで行う。
3. 4回連続のプッシュアップ
プッシュアップ方向を最低1回は審査員に対し横向きで行う。
エレメント動作
1. スタティックストレングス・バランス
片足が床から離れ、4秒以上または8カウント停止。
2. パワージャンプ
3. スタティックストレングス・サポート
4秒以上または8カウント停止。
<芸術点>
1. 表現  2. 音楽にあっているか  3. フォーメーション
4. オリジナリティ  5. パフォーマンス
※禁止動作
1. 空中からのスプリットランディング、プッシュアップランディング
2. フロアを使用して行う5つ以上の連続動作(4つまでは可)
ヒップホップ
2分以内
リズムコーディネーョン、フォーメーション、カルチャー、ウェア、パフォーマンス&パッション、一致性、テクニカル・スキル、パワー
アクティビティ
2分以内 1. 表現 2. 音楽にあっているか 3. フォーメーション 4. オリジナリティ 5. パフォーマンス 6. 一致性 7. テクニカル・スキル 8. パワー
※各部門とも演技スペースは10m×10mの予定です。
(センターにマーキングがあります)



■お願い及びご注意事項
参加者の肖像権は主催者に帰属いたします。
当日のケガについては救護スタッフが応急処置は致しますが、その後の責任は負いかねます。
荷物の紛失・盗難については一切の責任を負いかねます。
ビデオ・カメラの撮影は所定のエリア内からのみとさせて頂きます。三脚・一脚のご使用安全上の理由から観客席を含む会場内全てのエリアで禁止させて頂きます。また審査の妨げとなりますので所定のエリアを越えての撮影はくれぐれもご遠慮頂きますようお願いいたします。カメラについてはフラッシュの利用はご遠慮下さい。




Copyright(C)2005 MWM FITNESS All Rights Reserved.